So-net無料ブログ作成

他のソフトで引き続きモデリングする時は、 [Sculptris 使い方]

1.モデリングデータを移す。

他のソフトで引き続きモデリングする時は「OBJ」形式で保存します。
そのOBJファイルを、他のソフトで開きます。

結構簡単に出来てしまいます。
OBJ形式のファイルは、大体の3DCGソフトで開くことが出来ます。

ただ、場合によっては正常に読み込めなかったり、色々と問題が出る事があります。
大体は、双方(インポートやエクスポート)の設定によって解決する場合が多いですが、
それぞれのソフトの仕様により直らない場合も多いです。
このようなエラーに関してはあまり詳しくないので、今回その事については説明を省きたいと思います。
いずれ機会がありましたら書くかも知れませんので、期待しないでお待ちいただければと思います。

01
objについて01.jpg

02
objについて02.jpg



2.ペイントデータを移す。

ペイントモードで書いた絵柄や模様なども、他のソフトで確認することが出来ます。
下のような手順で出来ると思います。

1、ペイントモードでモデリングしたデータにペイントする。
2、「show advanced tools」 をオンにする。
3、ボタンが何個か出てくるので、その中の「SAVE TEXMAP」を押す。
4、保存先を選んで保存する。
5、OBJデータも保存する。
6、他のソフトを開く。
7、そのソフトでOBJを開く。
8、そのOBJデータに先ほど保存したテクスチャを貼り付ける。
以上です。

以下に補足を少し足しました。

------------------------------------------------------
1、ペイントモードでモデリングしたデータにペイントする。
TX_kao_01.jpg
------------------------------------------------------
2、「show advanced tools」 をオンにする。
------------------------------------------------------
3、ボタンが何個か出てくるので、その中の「SAVE TEXMAP」を押す。
※これはペイントモードで書いた、ペイントデータを保存するボタンです。
TX_kao_02.jpg
------------------------------------------------------
4、保存先を選んで保存する。
※保存したデータは、画像データになってると思います。
一見すると訳の分からない画像のように見えますが、コンピューターが独自の処理を行っているので
特に気にする必要はありません。
TX_kao_03.jpg
------------------------------------------------------
5、OBJデータも保存する。
------------------------------------------------------
6、他のソフトを開く。
※OBJデータが開けるソフトで開いてください。
------------------------------------------------------
7、そのソフトでOBJを開く。
------------------------------------------------------
8、そのOBJデータに先ほど保存したテクスチャを貼り付ける。
※テクスチャを貼るやり方は、ソフトによって違います。
テクスチャを貼る場合、UVを作る作業も通常は行いますが、
今回はUVを改めて作る必要はありません。
なぜなら、スカルプトリスでOBJデータを保存した時に、
一緒にUV情報も自動保存出来ているからです。
TX_kao_04.jpg
------------------------------------------------------


以上です。


また何か思いついたら書き込みますので、ちょくちょくのぞいてみて下さい。
よろしくお願いいたします。









共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます