SSブログ

3Dプリンター体験談2_5 [3Dプリンター]

3Dプリンター「da Vinci1.0(ダ・ヴィンチ1.0)」についての体験記事です。

前の記事で「XYZware」でオブジェクトが表示されない。
しかし「netfabb basic」で解決した。という記事を書きました。

今回は、その「netfabb basic」についてです。

XYZwareでオブジェクトが開けない場合、
「netfabb basic」で修復すると開けるようになる場合があります。

このソフトは色々な機能があるのですが、今回は私が行った修復方法を説明します。

1、「netfabb basic」ダウンロード
2、「netfabb basic」で修復
の順番で説明します。

----------------------------------
1、「netfabb basic」ダウンロード

ダウンロード先

http://www.3ds.co.jp/netfabb/index.htm
ここで、「無償版 netfabb basic」がダウンロードできます。
netfabb00

色々入力するところがあります。
注意事項など読み、納得された上でダウンロードをして下さい。
会社名入力欄は、ご自分のお名前でも大丈夫だと思います。
※ダウンロードやインストールはくれぐれも自己責任でお願いします。

netfabb02
インストール後、起動すると、名前やkeyを入力する画面が出ます。
keyを入力しなくても、数秒待ってから右下のボタンを押せば起動が出来ます。
netfabb01

※ちなみに、上記の画面でkeyを入力すると、数秒待たずに起動できます。
keyを入手する場合は「get key」ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛にkey番号が送られて来ます。

起動した画面。↓
netfabb03

今回は以上です。
時間があれば続きを記載しますので、ちょこちょこのぞいて見て下さい。
それでは。





共通テーマ:パソコン・インターネット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます